失敗も面白い

スカウト活動していて失敗することがある。

料理の味付けを失敗したとか、野外工作を失敗したとか。

 

以前、遠方のキャンプでスカウトがテントのポールを忘れてきたことがある。

ポールがなければテントは立たない。大きな失敗だ。

 

そんな時は、こいつは面白い!と言うようにしている。

大概の場合、スカウトはどうしたらいいのか困ってしまうからね。

だからといって、指導者も一緒になって困ってしまってはいけない。

面白いということで、新たな挑戦すべき課題じゃないか。という。

 

そうすると失敗も楽しく思えてくるから不思議だ。

一緒になって考える。

 

これから先、何度も挫折したり失敗したりするだろうからね。

困ってしまって立ち止まっては、何も解決しない。

 

だから困難をチャンスと捉える思考が必要だと思っている。

スカウト活動なら、それができるんじゃないかな。

適度に失敗を許容してるからね。

 

弥栄

 

 

 

 

管理人のひとり言
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました