LEDもいいけどね

キャンプでは定番のランタン。

ランタンを使い慣れてる人をみると、なんだかキャンプの達人みたいにみえる。

 

最近は安全面やコストを考えるとLEDが大流行だ。

たしかにそれは言える。

携行に便利だし、ランタンと違ってガスやホワイトガソリンがいらない。

それに、テントの中に持ち込める。

 

でもね。

 

ランタンだからこそ出せる味があるね。やっぱり。

 

昔、豊中20団のボーイ隊では、ランタンといえば、イワタニ・プリムスの2245。

大体30ワットくらいの明るさのランタンかな。

班に一個ずつ貸与されていた。

 

新米スカウトの最初の関門。

それは、ホヤ。

ホヤというのは、見た目はメッシュでできた包帯というか、そんな生地のもので

ガスが点火する周りにつけておくもの、

そのままでは光らない。一旦火をつけて全体を燃やして炭化させる。

するとガスで発火した時にそいつが発光するのである。

 

最初はなかなかこのホヤに火をつけることができない。

先輩スカウトに教えてもらいながらつけるのである。

こうしてセットが終わったらいよいよランタンを灯す。

 

ガスのバルブを緩めながら何回かカチカチと着火を試みると、ボーという音がして火が灯る。

周囲が暗くなってくるとランタンの周りだけがほのかで明るい。

 

これが何とも言えない良い感じがするのである。

キャンプに来てるなっていう感じかな。

 

あんまり明るすぎるのも味がない。

 

弥栄

タイトルとURLをコピーしました